Topics

土屋卓久領域代表が講演を行いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月6日(火)に京都大学益川ホールにおいて、京都大学理学部と財団法人湯川記念財団の主催で第55回玉城嘉十郎教授記念学術講演会が行われました。本会は、京都大学理学部において理論物理学を講じられた玉城嘉十郎教授を記念した公開学術講演会で、湯川秀樹先生、朝永振一郎先生が講師を務め1969年に開催された第1回から続く長い歴史があります。第55回目の今回は、-明らかにされる太陽系と地球深部の固体物質-という題目のもと、土屋卓久領域代表と京都大学の土山明教授がそれぞれ地球深部の物質と太陽系の物質について最新の研究成果を交えて紹介を行いました。学内外から多数の参加者があり、地球深部の物質や運動について大変多くの質問がありました。

関連記事