Topics

土屋旬准教授(愛媛大)と、高橋太准教授(九州大)が第4回地球惑星科学振興西田賞を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

A04-1理論計算班の土屋旬准教授(愛媛大)と、高橋太准教授(九州大)が第4回地球惑星科学振興西田賞を受賞しました。毎年数千名の参加者のもと大会を開催している日本地球惑星科学連合(JpGU)では、「新しい発想によって優れた業績を挙げ、国際的に高い評価を得ている」45歳未満の研究者に対して地球惑星科学振興西田賞(西田賞)を授与しています。受賞理由は次の通りです。

・土屋旬
第一原理計算による地球内部物質中の水素の挙動の研究
Research on behaviors of Hydrogen in Earth’s materials based on ab initio calculations

・高橋太
地球・月・惑星磁場と深部ダイナミクスの研究
Study on the magnetic fields and deep interior dynamics of the Earth, Moon and planets

参考リンク:日本地球惑星科学連合(JpGU)西田賞