Topics

A04-1理論計算班研究集会を行いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年8月5~7日にかけて、高知県しもなの郷において、A04-1理論計算班研究集会を開催しました。

01

A04-1理論計算班のメンバーを中心に、14名(うち学生5名)の参加者があり、山間の静かな環境の中、活発な議論が交わされました。

02

<参加者の声>
準備中

03

A04-1理論計算班研究集会 TMPG-Summer School 2018

Date 2018年8月5日~8月7日(二泊三日)
Venue 高知県しもなの郷
Schedule

1st session 15:00-17:15 (Sunday, Aug. 5th)

○15:00-15:45 鈴木 裕輝 (Y. Suzuki,D2,U Tokyo)
「西太平洋下のマントル最下部領域のS波速度構造」

○15:45-16:30 上 翼 (T. Ue,M1,U Tokyo)
「波形インバージョンによるユーラシア大陸下マントル最下部(D″)のS波速度構造推定」

○16:30-17:15 Sebastian Ritterbex (Postdoc,Ehime Univ)
“Ab-initio study of iron diffusion properties with implications to inner core plasticity”

2nd session 09:00-11:15 (Monday, Aug. 6th)

○09:00-09:45 福永 優 (Y. Fukunaga,B4,Ehime Univ)
「地球科学実験のまとめ」

○09:45-10:30 Anselme Borgeaud (D3,U Tokyo)
“Imaging slabs in the mantle transition zone beneath Central America using waveform inversion”

○10:30-11:15 桑山 康弘 (Y. Kuwayama,Assistant Professor,U Tokyo)
“Density and sound velocity of liquid iron at the Earth’s core pressures”

3rd session 13:00-17:00 (Monday, Aug. 6th)

○13:00-13:45 大場 篤朗 (A. Ohba,B4,Ehime Univ)
「高圧化における液体鉄と溶融ケイ酸塩間の水の分配について」
“H2O partioning between liquid iron and molten silicate at high pressure”

○13:45-14:30 野村 龍一 (R. Nomura,Assistant Professor,Ehime Univ)
“Deformation of hcp-iron to 300 GPa”

○14:30-15:15 大滝 壽樹 (T. Ohtaki,Fellow Researcher,AIST)
「外核本体(E”)の地震波速度の決まり具合」

○15:15-15:30 Break

○15:30-16:15 大村 訓史 (S. Ohmura,Associate Professor,Hiroshima Inst of Tech)
“Transport properties of liquid Fe-light-element mixtures under high pressure”
「高圧下における液体鉄ー軽元素混合系の輸送特性」

○16:15-17:00 土屋 卓久(T. Tsuchiya,Professor,Ehime Univ)
“High-P,T elasticity of Fe-Si and Fe-S alloys”

4th session 09:00-10:30 (Tuesday, Aug. 7th)

○09:00-09:45 土屋 旬(J. Tsuchiya,Associate Professor,Ehime Univ)
“First principles investigation of the vibrational properties of hydrous wadsleyite and hydrous ringwoodite”

○09:45-10:30 河合 研志 (K. Kawai,Associate Professor,U Tokyo)
“Seismic Wave eld Properties in Cracked Solids in the Lowermost Mantle”

集合場所

tmpg

関連記事