Topics

JpGUフェローにA02-1入舩徹男教授・西田賞に土屋卓久領域代表が選出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年度JpGUのフェローにA02-1班班長入舩徹男教授(愛媛大学)が、第2回地球惑星科学振興西田賞に本領域代表土屋卓久教授(愛媛大学)がそれぞれ選出されました。
毎年数千名(2016年は約7000名)の参加者のもと大会を開催しているJpGUでは、「地球惑星科学におけるパラダイムシフトやブレークスルーなど、地球惑星科学の学術の発展に著しい貢献をした者」に対してフェローの称号を、また「新しい発想によって優れた業績を挙げ、国際的に高い評価を得ている」45歳未満の研究者に対して地球惑星科学振興西田賞(西田賞)を授与しています。授与式は5月20日~25日の6日間に渡り幕張メッセで開催されるJpGU大会期間中の23日夕刻に行われます。なお、今年度の大会は、世界144か国に6万2千人の会員を擁するアメリカ地球物理連合(AGU)との共催で、初のJpGU-AGU合同大会として開催され、1万人を超える参加者が見込まれています。

参考リンク:JpGU公式サイト

関連記事