Topics

着任情報 (A03-1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイのご出身で、先月マヒドン大学で博士号を取得されたSutthipong Noisagool(通称:Champ)さんが、東京大学地震研究所・海半球観測研究センターに着任されました。
今後は計画研究A03-1地震・電磁気班(班長 田中聡 JAMSTEC)のポスドク研究員として、タイにおける地震観測、地球深部構造の解析結果を左右する観測点特性を明らかにするため、タイの地殻・上部マントル構造を研究される予定です。

関連記事