Topics

A04-1理論計算班インターンシップのお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新学術「核-マントル共進化」インターンシップ 
第一原理物性シミュレーション基礎

コンピューターを用いて固体の相転移、弾性特性や融解に関する基礎的な数値実験を行い、計算結果の解析を通じて、鉱物物性シミュレーションの初歩的な手順を習得する。それにより原子レベルから物質の性質を評価する方法やこれを地球惑星深部研究へ適用する方法を学ぶ。

日時 2017年5月15日~6月22日の月・火・木午後
場所 愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター
参加者 大学院生・若手研究者2~3名
その他 旅費支援可能
申し込み・お問い合わせ 土屋旬 (junt-at-ehime-u.ac.jp)
締切:4月22日(金)

【スケジュール】
○実験説明と準備
第1回目 概要説明
第2回目 鉱物物性シミュレーションの基礎

○固体の状態方程式と圧力誘起構造相転移
第3回目 状態方程式(1)
第4回目 状態方程式(2)
第5回目 相転移(1)
第6回目 相転移(2)

○弾性特性と下部マントル物質
第7回目 弾性特性(1)
第8回目 弾性特性(2)
第9回目 弾性特性(3)
第10回目 弾性特性(4)

○融解
第11回目 融解(1)
第12回目 融解(2)
第13回目 融解(3)

○まとめ
第14回目 まとめ(1) 各自レポートとプレゼンの用意
第15回目 まとめ(2) 発表会

関連記事